flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【歌詞・和訳】ペク・イェリン - Blue

Category15&
백예린 (ぺくいぇりん / ペク・イェリン / Baek Yerin) of 15&

Blue

Mini Album : FRANK <2015.11.30>

リクエストいただいた曲です






っぽなん かさちょろん
뻔한 가사처럼
ありふれた歌詞みたいに

ぽすちゃんがえ きでお
버스창가에 기대어
バスの窓に寄りかかって

ちゃる せんがくっと なじ あんぬん
잘 생각도 나지 않는
いい考えが浮かばないけど

かさるる っくじょぎご
가사를 끄적이고
歌詞を書く

ちながぬん さらんどぅる
지나가는 사람들
通り過ぎる人たち

はん ぽんっしく ちょだぼみょんそ なぬん ほんじゃ
한 번씩 쳐다보면서 나는 혼자
一人ずつ見ながら私はひとり


うおに ゆりちゃんえ ぴちん ね もすび
우연히 유리창에 비친 내 모습이
偶然、窓ガラスに映った私の姿が

ゆなに もんな ぽいご
유난히 못나 보이고
ひときわ醜く見えて

と ちゃがまん ぽいね
더 작아만 보이네
もっと小さく見えるの

なうぇ くろん もすべ とぅ ぬぬる ちるっくん かんご
나의 그런 모습에 두 눈을 질끈 감고
私のそんな姿に両目をしっかり閉じて

とぅっとん のれるる まじょ とぅろ
듣던 노래를 마저 들어
聞いた歌さえまた聞く


くろだ に せんがげ
그러다 니 생각에
そうやってあなたを想うと

ちゃがぷっけ ぬっきょじどん
차갑게 느껴지던
冷たく感じていた

そく まうん かどぅき おんぎが ぽじご
속 마음 가득히 온기가 퍼지고
心いっぱいにぬくもりが広がって

なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私はひとりじゃないというその事実に

にが いっすめ っと はん ぽん
니가 있음에 또 한 번
あなたがいることに、もう一度

たし こまうむる ぬっきょ
다시 고마움을 느껴
またありがたさを感じる


ぬじゅん せびょくっかじ
늦은 새벽까지
夜明けまで

ちゃみ ちゃる おじ あなそ
잠이 잘 오지 않아서
眠れなくて

ちゃる せんがく おぷそ ぽいぬん
잘 생각 없어 보이는
いい考えが浮かびそうもない

ね とぅ ぬぬる ぴびご
내 두 눈을 비비고
私の両目をこすって

っすだまん ぴょんじる いくっこ
쓰다만 편질 읽고
書いただけの手紙を読んで

たし っと っそ ねりょがみょ
다시 또 써 내려가며
また書き進めながら

なぬん ほんじゃ
나는 혼자
私はひとり


うよに ちゃんむぬぃろ ぴちん ね おるぐり
우연히 창문위로 비친 내 얼굴이
偶然、窓に映った私の顔が

ゆなに ぴごね ぽいご
유난히 피곤해 보이고
ひときわ疲れて見えて

と ちちょ ぽいね
더 지쳐 보이네
もっとくたびれそう

なうぇ くろん もすぶる
나의 그런 모습을
私のそんな姿を

ぴょんじえん たんぎが しろ
편지엔 담기가 싫어
手紙に書くのは嫌

っすどん まるる まじょ ちょご
쓰던 말을 마저 적어
書いた言葉さえまた書く


くろだ に せんがげ
그러다 니 생각에
そうやってあなたを想うと

ちゃがぷっけ ぬっきょじどん
차갑게 느껴지던
冷たく感じていた

そく まうん かどぅき おんぎが ぽじご
속 마음 가득히 온기가 퍼지고
心いっぱいにぬくもりが広がって

なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私はひとりじゃないというその事実に

にが いっすめ っと はん ぽん
니가 있음에 또 한 번
あなたがいることに、もう一度

たし こまうむる ぬっきょ
다시 고마움을 느껴
またありがたさを感じる


たし っと に せんがげ ありげ
다시 또 니 생각에 아리게
またあなたを想ってチクチクと

あぱおどん ね まうん かどぅき
아파오던 내 마음 가득히
痛くなる私の心いっぱいに

おんぎが ぽじご
온기가 퍼지고
ぬくもりが広がって

なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私はひとりじゃないというその事実に

にが いっすめ っと はん ぽん
니가 있음에 또 한 번
あなたがいることに、もう一度

たし こまうむる ぬっきょ
다시 고마움을 느껴
またありがたさを感じる



[곡 소개]
[曲紹介]

1. Blue
작사: 백예린/ 작곡: 백예린, 구름/ 편곡: 구름
백예린의 첫 번째 솔로 앨범 [FRANK]의 포문을 여는 곡. 백예린의 매력적인 음색과 시원한 코러스, 기타 연주가 돋보인다. ‘뻔한 가사처럼 버스 창가에 기대어 잘 생각도 나지 않는 가사를 끄적이고’와 같은 노랫말을 듣고 있으면 한편의 영화가 전개되는 듯한 착각에 빠진다.
作詞: ペク・イェリン/ 作曲: ペク・イェリン、クルム/ 編曲: クルム
ペク・イェリンの最初のソロアルバム [FRANK]の火ぶたを切る曲。ペク・イェリンの魅力的な音色と爽やかなコーラス、ギター演奏が引き立ってみえる。‘ありふれた歌詞みたいにバスの窓に寄りかかっていい考えが浮かばないけど歌詞を書く’という歌詞を聴いていると、一編の映画が展開されているような錯覚に陥る。


→【15&】歌詞・和訳一覧へ
→歌詞・和訳一覧へ

0801_201512082157009d2.jpg




関連記事

0 Comments

Post a comment