flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】[2015ガールグループ序列]'危機'少女時代-2NE1、次の大統領選挙はガールズデーかエーピンクか?

Categoryランキング
[2015ガールグループ序列]'危機'少女時代-2NE1、次の大統領選挙はガールズデーかエーピンクか?

1911.jpg

'ガールグループ序列'が1年の間にまた、急変した。

スポーツ朝鮮がガールグループ序列表を付け始めたのは、去る2012年に遡る。 あるオンライン コミュニティに'楽しみのために見るガールグループ序列'という記事がアップされて、ガールグループ ファンたちの間で序列に対して勝負戦争が広がったし、これを根拠にスポーツ朝鮮が3ヶ月間、関係者たちの意見を総合、初めての序列表を発表した。 引き続き2013年3月、二番目のガールグループ序列表を発表したし、昨年1月に3番目のガールグループ序列が発表された。

1年に一回ずつ発表するガールグループ序列は、いつのまにかスポーツ朝鮮の代表ブランドになった。 そして今年も間違いなくK-POPの中心であるガールグループの序列表が作成された。 ガールグループ関係者10人が、去る一週間深層面談を通じて'2015年ガールグループ序列'を完成した。

業界では事実上、初めて試みられたことで、序列というものに関係者たちが敏感に反応するのは当然のこと。 笑うものがいれば泣くものもいるはずで、毎年序列表発表前後で担当記者は業界関係者たちに激励よりは、より多くの抗議を受けなければならなかった。

特に今年は、ガールグループ人気全盛期を開いた1世代が大挙世代交代という大きい波に揺れたと同時に、新しい強者が登場するなど変化が大きくて、その結果をふまえて歌謡関係者たちは質問に応じてさらに鋭敏な反応を見せてきた。

1902_20150219195618ed2.jpg
少女時代が4年間ガールグループ序列最上位である'越えられない四次元の壁'を守って、最高ガールグループであることを立証した。 写真提供=SMエンターテインメント

▶'不安な1位'少女時代-2NE1,'上がった'ガールズデー

'ガールグループ序列表'は、自身が好きなグループがどのように評価されたかにより、共感と非共感に分かれなければならない。 各ガールグループの所属会社もやはり不満が多くなければならないのが事実だ。 実際に、本紙が先立って三度の序列表を発表するとすぐにいくつかの企画会社側からは結果に不満を現わした。

このような反応は、あるネチズンの興味で始まった'ガールグループ序列表'が業界関係者たちでは、非常に敏感な結果であることをそっくり立証しているといえる。

序列は、各グループが新曲を発表して活動する時期が、いつかによっていくらでも変わることができる。 だが、評価のために会った歌謡関係者たちの大部分は、新曲を発表すると無条件に序列が上がったり維持されるのではないようだと診断した。

1903_201502191956188ec.jpg
2年連続'ノムサビョック'にランクされた少女時代-2NE1に次ぐ最高のガールグループに選ばれたシスター。 スポーツ朝鮮DB

専門家たちの評価を総合した結果、2015年ガールグループ序列表最上位である'ノムサビョック'(越えられない四次元の壁)には昨年のように少女時代、2NE1、シスターが上がった。 4年連続'ノムサビョック'を守った少女時代は、昨年メンバージェシカが脱退して最大危機を迎えたが、国内外で相変らず活発な活動をして'ガールグループ=少女時代'という公式を守った。 昨年正規2集タイトル曲である'カムバックホーム'と'あなたじゃなきゃだめ'で音源チャートを掌握した2NE1もやはり現状維持だ。

少女時代と2NE1にとってこの成績表は満足でない。 少女時代の競争力がずっと落ちていて、2NE1も天が与えられた機会を飛ばした。 少女時代との競争で一歩先んじる最高の機会をつかんだが'パクボム事態'に足かせをかけられて、ノムサビョックの維持に満足しなければならない。

1904_20150219195620170.jpg
'ノムサビョック'進入秒読みに入ったガールズデー。 特にメンバーヘリの人気が急上昇して、ガールズデーの競争力はより一層高まったという評価だ。 スポーツ朝鮮DB

一方、2000年代を代表するこの二つの代表ガールグループが昨年悪材料を体験して、停滞する間シスターは一段階さらに成長した。 '2014年ガールグループ序列'を通じて、初めてノムサビョックに進入したシスターは昨年'タッチ マイ ボディー'というヒット曲を出したと同時にメンバー個人の活躍が目立ち、より一層強くなった。 特にソユは、チョンギゴと発表した'サム'で人気が急上昇し、ヒョリンと共にシスターの看板スターに成長する成果を上げた。

このような面で、ガールグループ序列表最上位であるノムサビョック内でも、来年には大きい変化が予想されるという質問回答者が多かった。 少女時代と2NE1が'不安な1位'を維持しているのと異なり、シスターの上昇の勢いがよどみないためだ。 ここに昨年最も多く序列を引き上げたガールズデーが、今年はノムサビョック入口まで成長したため、少女時代と2NE1の危機感はますます大きくなっている。

ノムサビョック進入候補1順位になったガールズデーは昨年'サムシング'と'ダーリン'を相次いでヒットさせたのに続き、メンバーヘリまで全国区スターになって競争力がより一層強くなったという評価だ。

1905_20150219195622737.jpg
2015年ガールグループ序列表で序列が最も大きく上がったAOA。 スポーツ朝鮮DB

▶'2015年序列破壊者'という断然AOAとEXID

今年最も多く序列を引き上げたガールグループはAOAであった。 昨年序列表で人気マジノ線に上がったAOAは、一気にマニア層と社交界を跳び越えて全国区スターの扉を叩く位置まで成長した。

去る2012年タイトル曲'エルビス'でデビューした当時AOAは、5人組バンド ユニット'AOAブラック'と3人組ダンス ユニット'AOAホワイト'に分かれていた。 だが、2013年'揺れる'活動の時から7人のメンバーでチームを再整備し、昨年セクシーガールグループでコンセプトを変えて急成長した。

昨年1月'ミニスカート'で男性ファンたちの注目をひきつけると'短い髪' 'ふわりふわり'までひきつづきヒットさせて、ガールグループ序列表でも何と序列を2.5段階引き上げた。

回答者も、AOAのセクシーコンセプト変身に高い点数を与えた。 エーキューブのカン・ユンシク代理は"音源成績も悪くなくて、セクシーコンセプト転向後、成功したチーム"と明らかにしたし、ドリームティーエンターテインメントのナ・サンチョン理事は"着実に成長して認知度を積んでおり、今後の活動が期待されるグループ"と評価した。

1906_20150219195632f03.jpg
'強制カムバック'という新造語を作り出して社交界に初めての進入したEXID。

2015年ガールグループ序列表で絶対省けない序列破壊者はEXIDである。 これまで、序列表でただの一度も入らなかったXIDは一気にマニア層まで上がってきた。 言葉どおり歌謡界にシンデレラ ストーリーを誕生させた。

2012年デビューしたEXIDは大きく注目をあびることができない中で、昨年発表したデジタル シングル'上下'も反応が良くなく、そのまま活動を終了しなければならなかった。 だが、11月頃インターネット掲示板にジッケム(ファンが直接撮影した映像)が上がってきた以後、踊りと歌が再評価を受けて今でも'ホット'な反応を得ている。

スターシップエンターテインメントのソ・ヒョンジュ理事は"ジッケムでメンバーハニに対する男性たちの熱い関心と一緒に'強制カムバック'という新しい用語を作らせたグループ"と高く評価し、イジェカンパニーのチョン・ウォンジョン理事は"チャート逆走の神話を書いた主人公"と絶賛した。

1907_2015021919563395e.jpg
全国区のグループであるエーピンク

毎年着実に序列を破壊する主人公もいる。 すぐにいつのまにか全国区ガールグループの代表走者になったエーピンク。 昨年序列発表の時、2段階を引き上げて社交界に上がったエイピンクは、昨年'ミスターチュー'と'ラブ'を相次いでヒットさせたのに続き、最近ではデビュー4年で初めての単独コンサートを盛況裏に終えた。 特に他のガールグループがセクシーコンセプトを打ち出すのと異なり、エーピンクはデビュー初めからずっと純粋コンセプトに固執して、日本まで活動半径を広げている。

このほか、ニコルとカン・ジヨンの脱退で昨年の序列表で何と3階段が下落したカラは新しいメンバーヨンジが軟着陸に成功し、序列を社交界に引き上げる成果を上げた。

1908_20150219195635fc2.jpg
メンバーソルリの熱愛以後、人気上昇傾向が一段と弱まったエフ エックス。 スポーツ朝鮮DB

▶スジも生かすことができない? 過去の光栄はもうさよなら'序列アウト'グループ

序列が上がるグループがあれば当然落ちるグループもあるはずだ。 特に'2015年ガールグループ序列'では序列表で名前が消えた'序列アウト'グループが多数発見されて、ガールグループ世代交代が早く進行していることを知らせた。

'序列アウト'の不名誉を抱いたチームは、ブラウンアイドガールズとアフタースクール、ワンダーガールズ、レインボーなどだ。 特にブラウンアイドガールズとアフタースクールは、昨年マニア層にランクされていただけにファンらでは遺憾がより一層大きくなければならない。

これら'序列アウト'チームの共通点は、空白期が長かったということ。 ブラウンアイドガールズは、去る2013年7月'キルビル'以後の活動がなく、アフタースクールもやはり2013年6月'初恋'が最後の活動だった。 ワンダーガールズもやはりメンバーソネの結婚以後、活動が一度もなくて事実上解体段階と言うことができる。 しかし、レインボーは去る2013年6月'サンシャイン'以後、1年8ヶ月に新曲発表を控えていて、来年序列表には再進入の可能性が大きいように見られる。

昨年と比較して序列が落ちたチームはエフ エックス、ミスエー、クレヨンポップなどだ。

この中、エフ エックスは特に序列下落が意味することが大きい。 エフ エックスは昨年メンバーソルリの熱愛説以後活動中断、そして脱退説まで続いて、序列が全国区から社交界まで下落した。 少女時代に続きノムサビョック進入まで狙っていた、別の見方をすればデビュー以後最も重要な時期に停滞して、残念な成績表を与えられることになったのだ。

ミスエーはさらに憂鬱だ。 そして、今年マニア層に名前を上げたことさえ幸いだとの評まで出てくる。 匿名を要求したある質問回答者は"メンバースジで持ちこたえているが、グループ自らの力は次第に落ちる中"と評価したし、他の回答者は"スジがいなければ、何の意味もないグループ"とまで答えた。 この外に'パパパ'で硬いマニア ファンを率いているクレヨンポップは、以後ヒット曲を作り出すことができなくて人気マジノ線まで序列が押し出された。

1909_20150219195636968.jpg
ガールフレンド

'2015年ガールグループ序列'の特徴の中の一つは、新人ガールグループが多数登場したとのこと。 昨年には候補群に'第2のシスター'で呼ばれるベスティが唯一名前を上げた反面、今年は昨年の新人であるママムー、レッドベルベットそして2015年の新人であるガールフレンドとソナムまで進入した。

SMエンターテインメントのキム・ウンア室長は"ガールフレンドはいきいきとしたイメージで、最近男性ファン層の注目をあびていて、ソナムはパワフルなダンスと強烈なイメージで目につく活動をした"として"ママムーはやはり実力派新人グループで注目をあびている"と評価した。 チョン・ウォンジョン理事は"レッドベルベットはSMの新しいガールグループという点だけでも、期待の可能性が充分だ"と説明した。

イ・ジョンヒョク記者jjangga@sportschosun.com

1910_20150219195638973.jpg
ママムー スポーツ朝鮮DB

→스포츠조선 (スポーツ朝鮮)

→2014年バージョン

元画像
1901_2015021919561698e.jpg




関連記事

0 Comments

Post a comment