flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】エーピンクのコンサート②2015年1月30日、泣き虫6人の感動の声

Category記事・和訳
エーピンクのコンサート②2015年1月30日、泣き虫6人の感動の声

0201_201502022157106ac.jpg
エーピンク コンサート

ガールグループ エーピンクが、デビュー4年で初めての単独コンサートを開催して、意味深い成長を成し遂げた。 エーピンクは30~31日ソウル、オリンピック公園オリンピックホールでコンサート‘ピンク パラダイス’を開いて、両日間7,000人の観客と呼吸した。 約150分に達する時間の間、エーピンクは‘ノーノーノー’、‘ミスターチュー’、‘ラブ’等ヒット曲をはじめとして、デビュー曲‘分からない’から多様な収録曲の舞台も広げて、エーピンク4年間の記録を聴かせた。 また、チョロン‘X’、ナウンとハヨンの‘いたのにいないから’、ナムジュ‘ダーティー(Dirty)’、ボミ‘プロブレム(Problem)’、ウンジ‘リッスン(Listen)’等、セクシーさと歌唱力を披露する個人舞台まで用意し、エーピンクの多彩な魅力を感じることができた。

公演後半、エーピンクは初めての単独コンサートの感動に涙を流して、感謝の挨拶を伝えた。 普段、涙が多いことで有名なエーピンクが、この日の涙は4年の成長を見せた涙だとより一層大きい意味が込められた。 ‘初めて’というものは、またくることがない大切な開始であり記録だ。 エーピンクの初めての単独コンサートが開かれた初日、初めて残した感動的なコンサートのエンディング コメントをそのまま移す。 エーピンクメンバーは、“今日は泣かない”と念を押したが、すべてのメンバーが結局泣いた。

ナウン:本当に時間がとてもはやく過ぎます。 最初のコンサートの初日公演がはやく終わってあまりにも惜しいです。 リハーサルの時空っぽの公演会場を見てから、皆さんでぎっしり埋まる姿を見ると、最初に登場した時に泣きそうでした。 とても震えて歌を歌えませんでした。 (この時、ボミが涙を流して、ファンたちが‘泣くな’と叫ぶ。) このようにきてくださって本当に感謝して、今日本当に楽しかったです。 皆さん楽しかったでしょう? 初めてだと失敗も多くて、足りない部分も多かったが、それでも楽しく見てくださって感謝します。

キム・ナムジュ:私は、事実に今回のコンサートを準備して、常に言っていた言葉が‘私は本当に泣かないよ’でした。 なぜなら、本当に公演が活気に満ちて明るく終えてしまいたい気持ちでした。 きてくださって感謝して、今回のコンサートは本当にまた来たい公演を作りたかったです。 また来たいですか? “はい!!”ワ~! ありがとうございます。 私たちがこのようにコンサートできるのも、皆さんのおかげだと考えます。 ありがとうございます。

パク・チョロン:私は泣かないつもりですよ。 まずコンサートをするということ自体が夢であったし、その夢を叶えさせてくださって感謝します。 2時間を満たすことができるか、大いに心配しました。 退屈しないようにどのように満たすか悩みもたくさんしたが、どのように見て下さったかよく分からないです。 楽しい公演になったと思います。 今日、公演を契機に今後、より成長していくエーピンクになれるように、できるだけ努力するので、応援をたくさんして下さったらいいですね。 このように、もう一つの思い出ができました。 今後もう少し多くの思い出作ったらいいですね。 次にはもう少し良い公演作れるように努力します。

チョン・ウンジ:幼かった時、学校で将来の希望を描けといえば、絶対にこういうことを書きました。 私が舞台の上に立っていて、ファンたちが私の歌を聴いてくれる。 今は六人のエーピンクとして、皆さんの前で幸せに歌っている姿ですね。 考えもできませんでした。 私がこのように……。 考えもできなかった幼かった時、ひたすら想像だけした夢が、目の前に広げられているということが信じられません。 本当にピンク パラダイスのようです。 コンサートを始める時、皆さんの忘れることのできない思い出になったら良いと言ったが、かえって私に忘れることのできない思い出になったことのようで本当に感謝申し上げます。

ユン・ボミ:この頃、こんな考えをたくさんします。 ‘ラブ’で1位を獲った時もそうで、今このようにコンサートをする時に感じるものだが、エーピンクがいつまた、このように幸せにコンサートをやれるのか…今日、このように舞台に上がって、ファンたちと目が合って私は本当にたくさん愛を受けているんだ、とても幸せだとたくさん感じました。 幸せにしてくださってありがとうございます。 私は永遠だという言葉を信じます、私どもエーピンクは永遠でしょう。 皆さんも永遠にその場で見守って下さって、応援して下さったら良いです。

オ・ハヨン:このようにきて下さった方々深く感謝申し上げます。 天気が本当に寒くて風邪引いて、体調が良くない方々も多いです。 皆さん、本当に苦労したようです。 とても有難くて、きてくださってありがとうございます。 そして私たちの生んでくれて育ててくれた両親。 常に私たちのそばを守る私たちのファンたち、とてもありがとう。 報いることができるエーピンクになるようにします。 ありがとう。 愛しています。

→10asia




関連記事

0 Comments

Post a comment