flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】ガールグループ世代交代①上を狙ったり、新しかったり、逆転したり

Category記事・和訳
ガールグループ世代交代①上を狙ったり、新しかったり、逆転したり

2302_20150123213819070.jpg
ガールズデー、レッドベルベット、少女時代、ラブリーズ、エーピンク、AOA(左側の上から時計回り)

2014年はガールグループ春秋戦国時代であった。 最上の位置にあった少女時代と2NE1(トゥエニワン)以後、エーピンク、ガールズデーなど新しい強者が登場して春秋戦国時代の幕が上がった。 2015年にはより一層多様な分岐点で、ガールグループ戦争が繰り広げられるものと見られる。 ガールグループ、世代交代の三種類の気流が本格的に流れ始めた。

#気流1。正常を狙ったり、エーピンク、ガールズデー、AOA

2303_20150123213820343.jpg
エーピンク、ガールズデー、AOA(左側から)

エーピンク、ガールズデー、AOAなどは、すでに昨年から絶えずガールグループ世代交代の先頭走者と言及されて、全盛期に近い歩みを見せた。 エーピンクは2014年‘ミスターチュー’と‘ラブ’で19個の音楽放送トロフィーを握って、最多トロフィー受賞という記録を達成した。 ガールズデーは‘サムシング’と‘ダーリング’の2打席ホームランと国民愛嬌で登板したヘリをはじめとして、ソジン、ミナ、ユラが全員活発な個人活動を広げて、認知度をアップした。 AOAは成果は小さいけれど、‘ミニスカート’から‘ふわりふわり’まで平凡でない存在感を表わした。 すべて最高の一年を送ったが、各グループはまだ少女時代や2NE1に肩を並べるほどのオーラが不足していることは事実だ。 エーピンクはメンバー別の認知度上昇、ガールズデーはファンダムの拡張、AOAは確実な成績達成などを目標に‘大勢’でない本物の‘頂点’を狙わなければならない。 それでこそ真の世代交代がなされる。

#気流2。新しかったり、レッドベルベット、ラブリーズ、ママム、ソナム、ガールフレンド

2304_201501232138219b2.jpg
ママム、ソナム、ガールフレンド(左側から)

新しい大勢を夢見て出場意向を示した新人グループも多様だ。 昨年デビューしたレッドベルベット、ラブリーズ、ママムは存在感を誇示している。 1月初めてのデビューを飾ったソナムとガールフレンドが短い時間に鋭い勢いで領域を拡張中だ。 この中でSMから披露された新人ガールグループという点で、ビジュアルと実力を早目に証明したレッドベルベットとインフィニット所属会社から新しく披露されたガールグループ ラブリーズが年末授賞式に顔を映して、新人の先頭で出た状態だ。 引き続き新人のようでない実力で武装したママムはずっしりと位置したし、ソナムとガールフレンドはヒップホップ群舞と少女群舞で新鮮な風を起こしている。 ガールフレンドの場合、デビュー曲‘ガラス玉’が少女時代‘また出会う世界’を連想させて話題を集めて、音源チャートで良い反応を得ていて期待を集めている。

#気流3。逆転を狙ったり、EXID、ハロービーナス、ナインミュージス

2305_201501232138237d0.jpg
EXID、ハロービーナス、ナインミュージス(左側から)

逆転ドラマを狙うガールグループもある。 ‘逆走の神話’を起こしたEXIDが強力な気流を形成している。 昨年11月から始まった‘上下’の逆走は新年になるやいなや、EXIDに音楽放送1位まで抱かれた。 ユアラと、ユンジョと別れて新しいメンバー ヨルムとソヨンを迎え入れたハロービーナスもセクシーコンセプトに戻って、新しい軍大統領に浮び上がって、上昇曲線を乗っている。 ‘べたべた’と‘ウィグルウィグル’でひきつづき活動を広げて、セクシーガールグループではっきりと位置づけた姿だ。 ハロービーナスのように、三人のメンバーを送って、ソジンとグムジョを迎え入れて8人組で再編されたナインミュージスも、1年ぶりにカムバックして逆転劇を狙っている。 23日新しいミニアルバム‘ドラマ’でカムバックしたナインミュージスはモデル石らしいビジュアルと自然なセクシーさで2015年活発な活動を予告した。

→10asia




関連記事

0 Comments

Post a comment