flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】2014ガールグループエピック、月別に見るガールグループ戦争史

Category記事・和訳
2014ガールグループエピック、月別に見るガールグループ戦争史

2006_20141220195141f51.jpg
Girl's Day、Red Velved、少女時代、Lovelyz、Apink、AOA(左側の上から時計回りに)

2014年も歌謡界は、星の戦争が熱かった。 その中でガールグループの世界では、世代交代を予告して熱い話題の追求を広げた。 強固だったガールグループ二大山脈 少女時代、2NE1がメンバー脱退と麻薬デマで揺れる中で、シスターがトップを守った。 続いてガールズデー、エーピンク、AOAなど新進勢力が大勢の流れに乗って、領土拡張に出た。 EXID、ハロービーナス、レッドベルベット、ラブリーズなど中古新人と大型新人の反乱も続いた。 多様なガールグループの活躍が特に目立っていた2014年は、2015年のガールグループ春秋戦国時代を予告して幕を下ろした。 派手だった2014年ガールグループ戦争史、月別で再び見てみる。

#1月:ガールズデーの宣戦布告

1月の主人公はガールズデーだった。 ガールズデーは1月3日に発表した3集ミニアルバム タイトル曲‘サムシング(Something)’で一気に大勢の座にのぼった。 音源チャート1位登板はもちろん、メロンで1月3週と4週に週間チャート1位を達成して長らく愛された。 6週の間の長い音楽放送活動でほとんど毎回1位候補に上がって冷めない人気を誇示した。

#2月:AOA-レインボーブラック-ダルシャーベット-ステラ、セクシー戦争

ガールズデー‘サムシング’が起こしたセクシーガールグループの宣戦布告は、2月に本格戦争に突入させた。 AOA ‘短いスカート’、レインボーブラック‘チャチャ’、ダルシャーベット‘B.B.B(Big BaBy)’からリアルタイム検索語1位の19禁ミュージックビデオの主人公ステラまで登場した。 セクシーな戦争がヒートアップすると扇情性論議に火がつき、甲論乙駁が繰り広げられた。 その間、AOAは地上波初めての1位、レインボーブラックとスピカは地上波初めての1位候補に上がるなど所期の成果を上げた。

#3月:少女時代VS 2NE1、スターの戦争

1~2月ガールグループ戦争をあざ笑うかのようにように、3月には少女時代と2NE1のスターの戦争が繰り広げられた。 少女時代は4枚目のミニアルバム‘ミスターミスター’、2NE1は2集アルバムを発表して激突した。 少女時代のミュージックビデオ公開延期、2NE1の音源公開二日延期などハプニングもあったが、両方のグループがK-POPガールグループの二大山脈らしく仲良く1位トロフィーを分け合って、平和な雰囲気を演出した。 ここに昨年‘名前は何ですか?’で音源突風を起こしたフォーミニッツまで3月末‘今日は何する?’で加勢して豊かな1ヶ月を作った。 しかし、既存の越えられない四次元の壁に分類されたガールグループの最強者が、越えられない四次元の壁級の活躍を見せることができなく、惜しい一ヶ月になった。

#4月:エーピンク、妖精石の魔法

ガールグループの過度なセクシー戦争と大型ガールグループの激突に休むことなく走った歌謡界は、4月の妖精石の魔法でヒーリングする時間を過ごす。 エーピンクは四枚目のミニアルバム タイトル曲‘ミスターチュー(Mr.Chu)’で音楽放送のグランドスラムを達成し、本格的に大勢の道に上がり始める。 妖精石のヒーリングの魔法と共にオレンジキャラメルが3月から始めた‘カタレナ’の中毒性で興味を注いだ。

2007_201412201951429b3.jpg
G.Na、ヒョソン、ジヨン、Mamamoo(左上から時計方向に)

#5月:チョン・ヒョソン、G.NA、ジヨン。 ソロ女性歌手のゲリラ戦

大きい戦争がなくなっていくと、すぐにソロ女性歌手たちのゲリラ戦が繰り広げられた。 シークレット チョン・ヒョソン、ティアラ ジヨンなどがデビュー後初めてのソロ アルバムを発表して、ソロ歌手として可能性を占った。 ここにG.NA‘きれいな下着’でカムバックして、G.NAだけのセクシーまで加えられ、角逐戦が繰り広げられた。 これらのすべてプロデューサーチーム イダンヨプチャギの曲でカムバックして、3人3色魅力を見るのも5月の面白味であった。

#6月:AOA-Mamamoo、領土立てる

大きい戦争より局地戦が起きてAOA、Mamamooなど新興強者が次々と存在感を知らせる時期がきた。 ‘短いスカート’で大勢の関心を集めたAOAは‘おかっぱ頭’を発表して7人7色コスチュームコンセプトで男性ファンのファンタジーを満たした。 6月にデビューした新人グループ Mamamoo‘Mr.曖昧模糊’という歌で音源チャート上位圏を占めて、しっかりと名前を知らせた。 すでにデビュー前からKWill、フィソン、ギクスなどと作業して実力を知らせたMamamooの特級デビューであった。

#7月:シスター、ガールズデー、f(x)..新星の戦争

本格的に夏市場が開始されると、新しいスターの戦争が繰り広げられた。 正規3集で戻ったf(x)、‘サムシング’に続き‘ダーリン’も決めたガールズデー、名不虚伝 音源最強者シスターまで、ひきつづきカムバックして新しいガールグループ大戦を起こした。 f(x)は7月3週まで音楽放送1位、ガールズデーは7月4週音楽放送1位、シスターは7月末カムバックして‘タッチ マイ ボディー’で8月まで音源チャートを一人占め、それぞれ自分たちの領域を強固に固めた。

#8月:シスター、カラ、シークレット、レッドベルベット..4人組ガールグループの全盛時代

8月にはカラ、シークレット、レッドベルベットがひきつづきカムバックとデビューを宣言して、シスターに続き4人組ガールグループの全盛時代を開き始めた。 カラは新しいメンバー ヨンジを迎え入れて4人組で再編して‘マンマミーア’を発表して定着したし、シークレットはチョン・ヒョソンとハン・ソナのソロ活動に力づけられて‘アイム イン ラブ(I’m in love)’で存在感を知らせた。 続いてSMエンターテインメントが発表した新人グループ レッドベルベットが‘幸せ’で新しいガールグループの開始を知らせた。

2008_20141220195143c4b.jpg
シスター、f(x)、EXID、ハロービーナス(左上から時計方向に)

# 9月:謹んで故人の冥福を祈ります

9月はガールグループの世界の大きい悲しみがあった月である。 レディースコードが残念な交通事故によって、メンバー ウンビとリセを天国に送った。 謹んで故人の冥福を祈ります。

#10月:大型歌手カムバックに停滞? 日本で領土拡張

9月に続き、10月にもガールグループ世界はソテジ、キム・ドンリュル、ダイナミックデュオ Gaeko、ビースト、エピックハイなど大型歌手のカムバックで停滞する。 しかし、越えられない四次元の壁 少女時代のユニット少女時代-テティソが、9月に約2年4ヶ月ぶりに発表した二枚目ミニアルバムで10月歌謡界にも影響力を行使して、ガールグループの力を証明した。 少女時代が国内市場を守っている時、AOAとエイピンクは日本公式デビューを宣言して領土拡張を試みた。

#11月:新興強豪の反乱.. AOA、EXID、ハロービーナス

ガールグループの世界に新しい風が吹き始めた。 AOAが‘ふわりふわり’でキャットウーマンコンセプトで戻って、大勢の終止符を打とうとした途端、EXIDとハロービーナスがSNS熱風に乗って反乱を試みた。 EXIDはメンバー ハニのジッケム映像が話題になって、11月末から本格音源逆走を始めて、メロン2位まで記録する底力を見せて、音楽放送にも強制カムバックする珍現象をうんだ。 ハロービーナスもSNSを通じて公開した‘Wiggle Wiggle’ダンスと軍隊で歌った‘滅共の松明’等が話題を集めて、一歩遅れて存在感をアピールしたケースだ。 二つのグループ両方それぞれ1年10ヶ月、1年6ヶ月ぶりに成功的なカムバックだ。 2015年ガールグループ地図の新しい伏兵として作用することを予告した。 ここにインフィニットの妹のラブリーズも出場意向を示した。

#12月:猛威をふるうエーピンク

ガールグループエピックの最後は、エーピンクが飾ることになった。 エイピンクは11月24日公開した五枚目のミニアルバム‘ラブ’ですべての音源サイト1位オールキルはもちろん、2週連続地上波音楽放送トリプルクラウンを達成した。 2週連続トリプルクラウンは今年ガールグループ最初の記録だ。 ガールグループ世代交代の先頭走者と評価されるエーピンクは2015年、新しいスターの戦争を導くものと見られる。

→10asia




関連記事

0 Comments

Post a comment