flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです。

【記事】新鮮なエーピンク④チョン・ウンジ、ユンボミ、キム・ナムジュ、エーピンクボーカルライン分析

Category記事・和訳
新鮮なエーピンク④チョン・ウンジ、ユンボミ、キム・ナムジュ、エーピンクボーカルライン分析

1101_20141211202029332.jpg
エーピンク

ガールグループ エイピンクが5枚目のミニアルバム タイトル曲‘ラブ’で、地上波音楽放送トロフィーをさらって常勝疾走中だ。 エイピンクは‘ラブ’で既存さわやかだったイメージから成熟した姿へ変化を試みて成長を見せている。 今回のアルバムでエイピンクはコンセプトの進化だけでなく、メンバーの実力でも成長を見せた。 エイピンクはカムバック舞台で‘ラブ’とともにバラード曲‘シークレット(Secret)’をリリースした。 メンバー全員が安定したパート消化力を表わして発展した姿だった。 特に‘シークレット’ではメインボーカル チョン・ウンジでなく、他のボーカルライン メンバーキム・ナムジュとユンボミの技量を確認することができる。 エイピンクはメインボーカル チョン・ウンジの実力が大衆的に知らされたが、これを堅く後押しするボーカルライン キム・ナムジュ、ユンボミの実力も少なくない。 エイピンクのボーカルラインを集中的に暴いた。

#アイドル メインボーカルの定石、チョン・ウンジ

1102_20141211202030142.jpg
MBC '音楽旅行イエスタディ'キャプチャー

チョン・ウンジのボーカルはすでに有名だ。 エイピンク デビュー曲‘知らない’からクライマックスと高音アドリブを担当して、自身の真価を証明した。 単純な高音でない聞く人をすがすがしくさせるサイダー発声、豊かな声量で頭角を現わした。

ボーカル解説:ボーカルコーチJoeは“歌唱石だと呼ばれるだけに、安定した発声で良い歌唱を聞かせる”として“特にチョン・ウンジは2オクターブ後半から3オクターブ中盤台まで、女性歌手がパワフルながらも無理なく消化するのが容易でない音域を通常の実力派歌手よりもよく消化して、豊富な倍音を聞かせながら存在感高い音色を聞かせる”と解説した。

似合うジャンル:チョン・ウンジはドラマ‘スリーデイズ’ OST ‘あなた’をはじめとして、ソロ舞台で豊富な歌唱力と感性が要求される歌を主に消化した。 ボーカルコーチJoeも“歌謡はもちろん90年代後半の女性ポップ歌姫のポップバラードやR&Bバラードを歌っても本当によく似合いそうな歌手”と推薦した。

#エイピンクボーカルラインの明確な色、ユンボミ

1103.jpg
KBS2 'ミュージックバンク',MBC 'ショー!音楽中心'キャプチャー

ポミは、ウンジと一緒にエイピンクの歌の多くのサビを導いていく中枢的な役割を担当する。 ハスキーなように聞こえながらも、女性らしい音色を表現して妙な魅力をかもし出すボーカルだ。 特に今回のアルバムでは‘天使じゃない’導入部と‘童話のような愛’でオルゴールの音の後に流れ出る歌声など、ポミボーカルのまた別の色を発見することができる。

ボーカル解説:ボーカルコーチJoeは“ポミのボーカルは息が多い。 息が多い音色を聞かせる女性歌手は、全般的に歌を滑らかに表現する場合が多いが、ポミは滑らかに歌いながらも強弱調節をよく表現するという気がする”として“特に少しずつ聞こえてくる鼻音もとても魅力的に近づく”と説明した。 ただし、“ノドに疲労感が感じられるので訓練が必要だ”と助言した。

似合うジャンル:ボーカルコーチJoeはポミに対して“エイピンク ボーカルラインで最も個性的な声”として“マイナー系のバラード ソロ曲を歌うならば、とても魅力的である”と推薦した。 ポミのバラード? ポミが昨年ラジオでナムジュとともに歌った‘一日中雨が降った’を推薦する。

#妖精に最も似合う声、キム・ナムジュ

1104.jpg
KBS2 'ユ・ヒヨルのスケッチブック' (上側)とKBS2 'ミュージックバンク'キャプチャー

キム・ナムジュは、エイピンクのアイデンティティを完成する声だ。 三人のボーカルラインのうち、最も美しい美声を自慢してブリッジ パートを主に引き受けて、硬い基礎を構築する役割だ。 それだけ安定感ある実力を持っている。

ボーカル解説:ボーカルコーチJoeは“チョン・ウンジとともにボーカルラインを導いて行くために、明るい音色がまだ少女のような声を持って歌う”として“すでに十分に音をよく消化するが、今よりより一層整えられた高音域が期待される”と高音域で技術を補完するならば、潜在力がさく烈すると助言した。

似合うジャンル:去る6月KBS2 ‘ユ・ヒヨルのスケッチブック’でナムジュがウンジとともに呼んだ‘ハーモニー’やポミとともにデュエットとして歌った‘マイ ダーリン(My Darling)’を共に聞くならば、ナムジュが持つボーカルのパワーと美しい音色を全部感じることができる。 ボーカルコーチJoeはナムジュに“アコースティックな女性ミュージシャンの感性的な曲にもよく似合いそうな声”と推薦した。

→10asia




関連記事

0 Comments

Post a comment