flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】My Name,ラブーム(2) ジエン、ソルビン、ユルヒ

Category記事・和訳
My Name,ラブーム(2) ジエン、ソルビン、ユルヒ

1501_20141115155525d7f.jpg

My Name is ジエン(ZN)、本名はジニョで船着場(津)、鋭い(鋭)と書く。 私が生まれた時、とても熱くて気が強くなってほしいという意が入った名前をつけた。

1994年6月9日生だ。 ラブームでボーカルとダンスを受け持っている。 デビューする時、香りが漂いそうな女だと広報したが事実香りが漂わない。 ハハ。 代わりにこの頃ハンドクリームを熱心に塗って本当に香りが漂うように努力している。

踊りが好きで歌手になりたかった。 姉も踊りを習ったがさらによく踊った。 姉さんがウェーブしている姿を見て、さらに練習して今まできたようだ。

本来の強い女戦士コンセプトのガールグループでデビューしようとしたがラブームになった。 初めにはへこんで、大変だったがしてみると人はできるようだ。

アコースティックやR&B音楽が好きだ。 男性バラード歌手が好きなのに、この頃はナ・ユングォン先輩歌をたくさん聞いている。 カラオケ18番はUrban Zakapa‘One Spring Day(봄을 그리다)’。

自らコンディション管理と感情調節も上手にしなければならないようだ。 そして、ジエン。 モチちょっとずつ食べろ。 ソヨンの叔父が餅屋をなさり、食べやすく包装されている本当においしいモチだ。 冷蔵庫にいっぱいあるのに切れることはない。 大変だ。

メンバーが考えるのかジエンは? 楽天的なので他の人が大変だったり良くない考える時、肯定的な方向に導いて上げる。 歌を歌う時ハスキーではねる声だ。 肌が本当に良い。 管理を本当に熱心にするのに水分クリームをすぐよく使って、化粧品もしばしば買う。 人見知りする方なのに一度親しくなれば本当に楽になる。 脚が本当に長い。 モデル スタイル!

3年後に成し遂げたい私のヘッドライン、[ラブーム、アメリカ ビルボード チャート1位]

1502_201411151555276d8.jpg

My Name is ソルビン、率いる(率)に物価(濱)と書く。 故事成語のうちに「率土之濱」という言葉があるが、全国、全世界という意だ。 その程度で大きい人物になれとの意でお母さんが付けてくれた。

1997年8月19日生で、ユルヒと一緒ラブームの末っ子だ。 反転魅力を受け持っている。

歌手の機会は自然に近づいたようだ。 幼かった時からオーディションを見に通った。 ママがパパをこっそりとサポートをしてくれた。 パパは初めに反対したが、もう毎日インターネットを探して見る。 自慢されるようで満たされる。

音楽は重いロックやヘヴィメタル抜いてみな好きだ。 エイピンク チョン・ウンジ先輩のように演技側にも多才多能でイ・ヒョリ先輩のようにロングランして、自分だけの色を持っている人になりたい。 この頃はユンナ‘그 거리(The Street)’をたくさん歌っている。

日記を書くとき一番最後には、いつも感謝したこと5つを書く。 この前にメンバーに対して日記を書いて‘そのまますべてのことを感謝する’と書いた。 メンバーが本当にみな優しくて、理解の心深くて、かえって互いに習ったのも多くて本当に感謝する。

ソルビン、痩せて、ボーカル的な実力がはるかにたくさん育てよう。 舞台の上でカリスマがますますできたら良いだろう。 多才多能なエンターテイナーになろうと努力しなければならない。

メンバーが話すソルビンの魅力は? ソヨンとコードがよく合って最もおもしろくて笑わせる。 容貌はシック、静か、横柄なのに性格は正反対だ。 おもしろくて、壊れるのもよく。 本当に気さくだ。 一番最初に初めてギャグを放つ。 ソルビンが放ってこそ残りのメンバーがリレーに継続する。 情が多くて優しい。 末っ子なのに姉さんに優しくて思いやりが多い。 雰囲気メーカー!

3年後に成し遂げたい私のヘッドライン、[ラブム ソルビン、有名映画監督作品女主人公抜てき]

1503_20141115155528802.jpg

My Name is ユルヒ、法律(律)にうれしい(喜)と書く。 祖母が寺で作ってきましたが、法で人々をうれしくしろとの意だ。 歌でうれしくさせてあげる!

1997年11月27日生で、ラブームの本当の末っ子だ。 ラブームのテンテンボール(弾むボール)を受け持っている。 家では年上なのに両親も弟(妹)と変えて生まれたといわれるほど末っ子体質だ。 ハハ。

ダンス音楽、歌謡が好きだ。 ジェシー·Jが好きだ。 カラオケ18番はユンナ先輩の‘待ってる’、ユン·ミレ先輩の‘ベビーバイバイ’.

音楽プログラム見ること好きで、踊ること好きだった子供であった。 友達と踊りに通うのが日常だった。 “こういう仕事をする?”と尋ねられた“いい”と話してそのまま始めることになった。 大変な時もあったが、ママがむしろさらに捕まえて下さった。 ママのおかげでここまできたようだ。

ラブームに最後に獲得されたが個人的に大変だった。 どのように親しくなるか心配もしたし、一人だけの迷いもあった。 メンバーが最後まで私を引っぱってくれた。 メンバーに本当にありがとう。

ユルヒ、君もやせて。 自己啓発をたくさんしよう。 少しは真剣になる必要もある。 睡眠もちょっと減らさなければならないようで… (メンバー:知っていたか? ハハ)一度寝れば気絶して寝る。

メンバーが考えるユルヒの魅力は? 本当に末っ子のような可愛気を持っている。 姉さんを気持ち良くして愛嬌も多い。 代わりに事故もたくさん。 へらへらする時も多い。 姉さんが叱ったら気分が悪いこともあるけど、それをみな受け入れて理解する。 情報通だ。 コンピュータや機械を本当によく触る。 ゲームも本当に上手にする。

3年後成し遂げたい私のヘッドライン、[ラブームユルヒ、ガールグループ スタイル1位登板]

→10asia




関連記事

0 Comments

Post a comment