flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】[単独]ジェシカの'ブラン'事業計画書入手…タイラー・クォンが怪しい

Category記事・和訳
[単独]ジェシカの'ブラン'事業計画書入手…タイラー・クォンが怪しい

少女時代を離れたジェシカはファッション事業家でとして功することができるだろうか。

ジェシカはボーイフレンド タイラー・クォンと共に去る8月立ち上げたファッション ブランド‘ブラン’(BLANC)に置いて、できた葛藤を克服できなくて結局少女時代で退出した。 もうこれ以上、少女時代でないジェシカは事業の成功が切実だ。 しかし、ファッション業界専門家たちは新規ブランドの成功に対して疑問符号を描いている

これに対しスポーツワールドは‘ブラン’の事業計画書を入手した。 ところが、内容が不十分だった。 ジェシカの写真を大きく浮上させて、彼女のデザイナーとしての可能性をアピールしたこと、他には事業上の特別な点を探してみるのが難しかった。 ‘ブラン’は2014年サングラスで事業を始めて、2015年春/夏シーズンにアクセサリー、そして2015年秋/冬には衣類まで事業を拡張する計画を書いた。 しかし、タイラー・クォンから直接‘ブラン’に対する投資を勧誘受けたというある事業家は“提案書を受けてみると少女時代、ジェシカが関与しているという事実以外には全くメリットがなくて、投資計画を撤回した”と話す。 それと共にタイラークォンの経歴に対して疑問を提示した。 米国の名門ミシガン大学校で経営学を専攻したタイラークォンは、コリーデル グループでエンターテインメント部門CEOという、もっともらしい肩書を有している。 しかし、タイラークォンとしばしば会ったというある関係者は“タイラークォンが財閥3世のように行動しているけれど、周辺知人たちに5000万ウォン、1億ウォンずつお金をしばしば借りるなど、資産家として見るのが難しい面がある。 彼の投資会社に身を置いているけれど、果たして彼が成功させた事業が何があるのか冷静に把握してみなければならない”と助言する。

0401_20141004190824a1d.jpg

0402_20141004190826422.jpg






タイラークォンが香港で‘スキャンダル メーカー’として悪名が高いとのことも注目しなければならない。 タイラークォンはジリアン・チョン(ジョンフンドン)と公開熱愛をしながら、メディアの集中的な関心を集める。 ところが、戦略的接近であったという解釈もある。 香港社交界に足を入れるためにジリアン・チョンを利用したとのこと。 ガールグループ ツインズ メンバーで中華圏で‘国民の妹’で愛されたジリアン・チョンはエディソン・チャンとのスキャンダルで墜落した。 このような彼女を慰める姿で登場したのがタイラークォン。 二人は香港で公開的に同居をするほど近い仲でありまもなく結婚をすることのように見えたが、決別したしジリアン・チョンは物質的、精神的損害をこうむった。 しかし、タイラー・クォンは直ちにジェシカに接近した。

知人の証言に従えば、タイラー・クォンとジェシカの出会いはあたかも映画みたいなものだった。 香港でショッピング中、カード限度超過で困難に陥ったジェシカに、タイラー・クォンが突然登場して代わりに計算をして好感をかったとのこと。 すっきりしていたマナーに、そのような肩書を持つタイラークォンにジェシカは落ちた。 しかし、タイラークォンは秘密恋愛をしなければならないジェシカの状況を配慮しないまま、SNSに写真を上げるのに積極的だった。 タイラークォンを知っている彼らは“普通の投資家はメディアへの露出を敬遠するものだが、彼は自身を広報するのに積極的だった。 記者がいる所をわざわざ尋ね歩く傾向もある”と耳打ちする。 香港パパラッチにタイラークォンとジェシカがしばしば捉えられたのも、単純な偶然でないという意だ。 これに対しファンたちさえもジェシカがタイラークォンの事業に利用されているのではないだろうか心配する

果たしてジェシカとタイラークォンは‘ブラン’を成功させて幸せな結婚式を挙げることができるだろうか。 来年5月結婚説報道にタイラークォンは“私たちがまもなく結婚するという推測に対してもう一度話す。 私は今年でも来年でもまだ結婚する計画がない”と反論した。 かえって気が焦っている側はジェシカだ。 私たちが愛した少女時代、ジェシカ、今彼女の状況が不安だ。

→スポーツワールド




関連記事

0 Comments

Post a comment