flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです。

【歌詞・和訳】Dynamic Duo,チェン - 기다렸다 가 (nosedive)

Categoryその他
다이나믹 듀오 (だいなみく でゅお / ダイナミック・デュオ / Dynamic Duo)
(ちぇん / チェン / CHEN) of EXO

기다렸다 가 (きだりょった が / 待ってから行こう / nosedive)

Single : Mixxxture Project Vol. 1 <2017.01.24>





いり ぴごねんね
일이 피곤했나
仕事で疲れたか

おぬるったら
오늘따라
今日に限って

はん とぅ ちゃね ぽじね
한 두 잔에 퍼지네
1、2杯だけで酔っぱらった

ぱん っぴょんっちゃり うぃろ
반 뼘짜리 위로
ちょっとだけ

はんすん ぴうご なに
한숨 피우고 나니
ため息をついたら

きぶに ちょん なあじね
기분이 좀 나아지네
気分がちょっと良くなった


よじゅん とぅろ さぬん げ
요즘 들어 사는 게
最近になって生きることが

ぽん かうる がた ちょうん ごん
봄 가을 같아 좋은 건
春や夏のように思える 楽しいことは

た っちゃるっけ ちなが
다 짧게 지나가
すべてすぐに過ぎ去る

おっとん いぬん
어떤 이는
ある人は

ねが あにん なろ
내가 아닌 나로
僕じゃない僕で

なるる まんどぅろ
나를 만들어
僕を作って

とぅろった のこん すちどぅっ
들었다 놓곤 스치듯
かすめるように

ね きょとぅる っとなが
내 곁을 떠나가
僕のそばを去る


ねが かんへじょっとん ごんじ
내가 강해졌던 건지
僕が強くなったのか

むでぃょじょっとん ごんじ
무뎌졌던 건지
鈍くなったのか

いるりょね はん とぅ ぽん
일년에 한 두 번
1年に1、2回

うるもぎむる たへっとん ねが
울먹임을 다했던 내가
泣きじゃくってた僕が

ぬんむり た なね
눈물이 다 나네
もう涙も出ない

かりうぉじん ぎる
가리워진 길
遮られた道


く のれが ね まうめ
그 노래가 내 마음에
その歌が僕の心に

とぅるりょっする って
들렸을 때
聞こえたとき

ちょぐん のがっそ
조금 녹았어
少し溶けた

いゆぬん た すとぅれすや
이유는 다 스트레스야
理由はすべてストレスだ

むのじぎ しろ
무너지기 싫어
倒れたくなくて

ぽてぃご ちゅんばれぼりるっか
버티고 증발해버릴까
我慢して消えさせようか

っかく ちぃご いっとん てが
꽉 쥐고 있던 대가
握りしめていた代価


ひんどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛い時には悲しげに

くにゃん うろど つぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いてもいい

と そろぷっけ
더 서럽게
もっとわびしく

するぷみ がる って
슬픔이 갈 때
悲しみが去るとき

ぬんむり くちる っちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が終わる頃に

ね おんじろ
내 엄지로
僕の親指で

に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を

っすろ じゅるげ
쓸어 줄게
拭いてあげるから


っちゃね た くろん こじ むぉ らみょ
짠해 다 그런 거지 뭐 라며
胸が痛い すべてそんなもんだと言いながら

ねが そじゅびょんうん っかる って
내가 소주병을 깔 때
僕が焼酎の瓶を開けるとき

まふに た つぇ ちょん ぺうぉったぬん
마흔이 다 돼 첨 배웠다는
40になって初めて学んだという

のうぇ そね
너의 손에
君の手に

おせかげ とぅるりん たんべが
어색하게 들린 담배가
ぎこちなく持ったタバコが

っぷもねぬん くるみ
뿜어내는 구름이
吹き出す雲が

うりん あなじゅぬん ごっ かた
우릴 안아주는 것 같아
僕たちを抱きしめるみたいで

ちゃまっとん きちん そっきん うすみ
참았던 기침 섞인 웃음이
我慢してた咳と混ざった笑いが

とじょ なわ ちゃんしなま
터져 나와 잠시나마
こみ上げる 少しの間

ほんじゃが あにん ごっ かた
혼자가 아닌 것 같아
一人じゃないみたい

うりん そろるる ちんぐらご ぷるじ
우린 서로를 친구라고 부르지
僕たちはお互いを友達と呼ぶ

ってろん ううりらん ぷるに
때론 우울이란 불운이
時には憂鬱という不運が

なる まがそ なてらぬん くむり
날 막아서 나태라는 그물이
僕を妨げる堕落という網が

たどぅる ちゃぎ かる ぎる ちゃる かぬんで
다들 자기 갈 길 잘 가는데
みんな自分の行くべき道を歩んでいるのに

なまん もんちょそん ごっ かた
나만 멈춰선 것 같아
僕だけ立ち止ってるみたい

いでろ けんちゃぬるっか らぬん むるみ
이대로 괜찮을까 라는 물음이
このままで大丈夫だろうかという疑問が

もりっそぐる っとなじ あな
머릿속을 떠나지 않아
頭の中から離れない


きぇそく むりょかげ
계속 무력하게
ずっと無力で

ひょんしるる ごっとるだ ぽみょん
현실을 겉돌다 보면
現実に馴染めないなら

ってろん ねが ゆりょん がて
때론 내가 유령 같애
時には僕が幽霊みたいに思える

こどぐん むどん がて
고독은 무덤 같애
孤独は墓のよう

のん く そげそ
넌 그 속에서
君はその中から

なる おんじぇな っこねじょ
날 언제나 꺼내줘
僕をいつも連れ出してくれる

い のれ ふりょん がて
이 노래 후렴 같애
この歌のリフレーンのように


ひんどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛い時には悲しげに

くにゃん うろど つぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いてもいい

と そろぷっけ
더 서럽게
もっとわびしく

するぷみ がる って
슬픔이 갈 때
悲しみが去るとき

ぬんむり くちる っちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が終わる頃に

ね おんじろ
내 엄지로
僕の親指で

に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を

っすろ じゅるげ
쓸어 줄게
拭いてあげるから


ほんじゃが つぇぎ しろ
혼자가 되기 싫어
一人になりたくない

おぬるど ぬぐんがるる
오늘도 누군가를
今日も誰かを

ぷっちゃぷっこ ほんじゃ とぅじ あちまん
붙잡고 혼자 두지 않지만
捕まえて一人でいないようにしてるけど

ちべ とらおぬん ぎるん
집에 돌아오는 길은
家に帰る道は

よくっし うぇろうぉ
역시 외로워
やっぱり寂しい

TVるる とぅろのこ
TV를 틀어놓고
テレビを付けながら

ちゃみ おぎる きだりょ
잠이 오길 기다려
眠くなるのを待つ


す まぬん ぴょんじょん そげ
수 많은 평점 속에
たくさんの評価の中で

なる ちぇじょまじ あんぬん
날 채점하지 않는
僕を採点しない

みょっみょか おれ はんっけ はご しんね
몇몇과 오래 함께 하고 싶네
何人かと長く一緒にいたいよ

ちょんまかん はるうぇ むんとぐる
적막한 하루의 문턱을
寂しい一日の敷居を

のもがる す いっけ
넘어갈 수 있게
越えられるように

ねが なろ おんじょに
내가 나로 온전히
僕が僕のまま

さらがる す いっけ
살아갈 수 있게
生きていけるように


かっくんっしぐん ちどかげ ほむへ
가끔씩은 지독하게 허무해
時々ものすごく寂しくて

うぇ さな しぽ
왜 사나 싶어
どうして生きてるんだろう

とでちぇ なん おでぃろ かな しぽ
도대체 난 어디로 가나 싶어
一体僕はどこへ行きたいんだろう

くろるっさはん かみょぬる っそ
그럴싸한 가면을 써
それらしい仮面を付けて

いじぇぬん いくっすけじん
이제는 익숙해진
もう慣れた

かみょうる っそ いげ ねが まんな しぽ
가명을 써 이게 내가 맞나 싶어
仮面を付けて これが僕なんだろうか


いろけ かるぴるる もっ ちゃぷっこ
이렇게 갈피를 못 잡고
こうやって筋道を掴めなくて

へめる って ぬぐんが がち
헤맬 때 누군가 같이
彷徨うとき 誰かが一緒に

いっそじゅんだぬん ごん
있어준다는 건
いてくれるということは

きぇさなる す おんぬん がち
계산할 수 없는 가치
計算できない価値

こじっちょろん っこぷっちるまん なむん せさん
거짓처럼 껍질만 남은 세상
嘘のように上辺だけが残った世界

うりん そろるる ちゃんなんちょろん
우린 서로를 장난처럼
僕たちはお互いを冗談みたいに

かんだなげ ぱんだなじ あんち
간단하게 판단하지 않지
簡単に判断しない


ひめ ぷちょ ちゃんっかん ぬん ちょん ぷてぃょ
힘에 부쳐 잠깐 눈 좀 붙여
手に負えない しばらく休もう

おるまな こづぇっするっか
얼마나 고됐을까
どれほど辛かったのか

ぱらんが い ぴが ちながる って っかじまん
바람과 이 비가 지나갈 때 까지만
風とこの雨が通り過ぎるときまで

きだりょったが
기다렸다가
待ってから行こう


ひんどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛い時には悲しげに

くにゃん うろど つぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いてもいい

するぷみ がる って
슬픔이 갈 때
悲しみが去るとき

ぬんむり くちる っちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が終わる頃に

ね おんじろ
내 엄지로
僕の親指で

に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を

っすろ じゅるげ
쓸어 줄게
拭いてあげるから



0191.jpg




関連記事

0 Comments

Post a comment