flower border

K-POP* Makes My Day

K-POPガールズグループを中心に、歌詞や記事の和訳などを書くブログです

+‥‥Twitter始めました 更新情報をupします‥‥+

【記事】ヨジャチング“カムバックと同時に1位、我慢しても涙が出た”(インタビュー)

Category記事・和訳
ヨジャチング“カムバックと同時に1位、我慢しても涙が出た”(インタビュー)

2016.07.29
[ヘラルドPOP =ノ・ユンジョン記者]音源公開と同時にチャート1位占領、デビュー以降活動曲のうち3曲がチャートイン、音楽放送6冠王。今まさにデビュー2年目に入ったグループがカムバック3週間目で成し遂げた結果だ。

ヨジャチングは去る11日最初の正規アルバム‘LOL’を発売して、タイトル曲‘あなたそして私’で活動を始めた。音源後悔と同時に‘あなたそして私’は主な音源サイト リアルタイムチャート1位を占領し、発売3週間に入った現在まで、上位圏に名前を上げている。それだけではなく去るアルバム タイトル曲‘今日から私たちは’‘時を駆けて’もやはりチャート順位内にランクインしている状況。

0104_20160801214923d1a.jpg

また、19日に放送されたSBS MTV‘THE SHOW’でカムバック後初めて一位を占めた後、現在まで合計6個のトロフィーを胸に抱いた。去る1月に発表した‘時を駆けて’で音楽放送15冠王を占めた時と似ている歩み。常勝疾走して幸せな日々を過ごしているヨジャチングの感想を聞くために、席を外したユジュを除いたメンバーたちと会った。

‐チャート順位も良く、音楽放送でもすでにトロフィーをたくさん受けた感想を教えてください。

“カムバックと同時に一位をとることができて、本当にたくさんの方々に感謝します。信じられなくて信じることができませんでしたが、こんなに私たちに素晴らしい愛をくれて、応援をしてくれて関心をありがとうございました。”(イェリン)

“アルバムを準備して負担感もたくさんありましたが、たくさん愛してくださったという意味でしょう。もう少し欲が出てしまうようです。もっと頑張らなければいけない、この気持ちを忘れないで頑張ります。”(ソウォン)

“一位発表の瞬間ごとに信じられなくて実感がなくて、ステージから降りると感動しますが、私たちがこうして今回の活動で一位ととてもたくさんの愛を受けることができて、とてもうれしくてたくさん感謝を申し上げます。”(ウナ)

“私たちがカムバックして一週間で一位候補に入ったことだけでも感謝するが、とても素敵な愛をくださって、それに力づけられてもっと頑張るべきだという考えをたくさんしました。ファイティング溢れるように活動します。”(オムジ)

“今回のアルバムを準備しながら、メンバーも熱心に準備し心配もたくさんしたし不安なことも多かったが、考えられないほどたくさんの愛を下さり感謝しますし、これからももっと頑張り成長する姿を見せるヨジャチングになります。”(シンビ)

‐一位をたくさん獲りましたが、まだ一位になれば涙が出るのですか?

“私たちが‘時を駆けて’のときに初めて一位になったが、その時本当にステージでも家でもぼろぼろ泣いて、会社の方たちから‘美しく泣け’‘少しは堪えろ’という言葉を聞きました。今回イェリンオンニはステージの上で涙をこらえようと努力したし、メンバーも泣く姿をお見せしたら笑うこともできないし、アンコール曲も歌わなければならないので、ステージの上では感情を抑えようとしました。それでも涙が出ました。でも嬉し涙なので流しても幸せでした。”(オムジ)

‐音源チャート一位、音楽放送一位は成し遂げたが、残った活動期間の間に成し遂げたい目標はあるか?

“今年度に成し遂げたい目標ですが、私たちは昨年ありがたいことに授賞式にたくさん出ることができました。今年の年末も授賞式にたくさん参加できたらいいですね。”(ソウォン)

“同じ考えです(笑)”(シンビ)

0105_20160801214924c75.jpg

‐‘時を駆けて’の活動時と‘あなたそして私’の活動時とで、変わった点はありますが?メンバーたちの変化や、周りの環境の変化など。

“活動していない時期と活動する時期とは生活パターンが完全に違うので、適応するのが難しかったです。‘時を駆けて’の時はそれのせいですごく大変でした。今回は体力的には大変だけど、車で寝て降りたら今は5秒後に平常心を維持しています。こういうことが少し自然になったようです。この生活にもう少し慣れていきましょう。”(オムジ)

“この話にとても共感しますが、以前はみんな車で寝て起きれば‘ここはどこ?’こんな夢うつつで正常な感覚ではなかったが、今は出ようと言えば自然に出られるようになりました。精神力が成熟したようです(笑)”(イェリン)

‐音楽的にも成熟したが、美貌も花盛りだという言葉をよく聞きます。

(メンバーが異口同音にウナと言う)“ショートヘアーをたくさん愛してくださってとても嬉しくて、心配をたくさんしましたが気分よく、私はもともとショートヘアーが好きなのでこの髪型をずっとしていきたいです。またメンバーも早くこんな変化があったらいいでしょう。(笑)みんなもう少し変化したら...”(ウナ)

“ショートヘアーを推薦するメンバーですか?イェリンオンニ?ソウォンオンニもよく似合いそう、すごく似合いそうです”(ウナ)

→헤럴드 POP (ヘラルドPOP)




関連記事

0 Comments

Post a comment